読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温度感のある景色

自分のために書きます。

梱包材の詩

ぷちぷちした梱包材

箱に詰めるために沢山たくさん

箱は一つだけ。容量が決まってる。

本当は全部入れたかったの。でも時間切れ

「大きすぎたかな」

 

詰め切れなかった梱包材

かさばる

そんなに重くないはずなのに

大きい

大きい大きい梱包材

まずは端を切り取る。空気の抜けた部分。

捨ててしまおう。

次に空気を抜く。

間抜けな音を立ててぺたんこにしましょう。

そして

そして

圧縮。

圧力をかけて、体重をかけて、踏みつけて、握りしめて、

小さく小さく

なんであったか分からなくなる梱包材

ぱっと力を抜いたらまた広がってしまう

「油断は禁物」

ずっと「梱包材を持っている」その状態のままでいてね

 

 

「あ、こんにちは」

そんな険しい顔して何を抱えてるの

「あっ」

晴れた空に飛んでいった梱包材

////

そんな風に、飛んでいくかな梱包材

果てしなくかさばるけれど

きっといつか飛んでいくよ 晴れた空に ひらひら気持ちよく

「お茶でもしませんか?」