読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温度感のある景色

自分のために書きます。

ボールが戻ってきた

家についてカレンダーを見てふと、

「ボールが戻ってきた」感じがした。

ぽん って。

ぽふ って。

 

パスしていたつもりはなかったのだけれど、

気づいたら手元には無かった。

 

 

今日は私にとって年度末であり年始であったのだと思う。

あけましておめでとう。

この1年で「成長した」のかどうかはみんなが決めてくれること。

ただ、苦しみの終わりがきたなって感じ。

終わりにしていいよ。

 

選択はたくさんあって、どの道を選ぶかはわからなかった。

でも一人の人間である限り一直線にきた。

時系列のまっすぐさが、これほどの祝福を帯びたことは、

きっとはじめてね。

 

去年は何も見えなかった未来が、眩しく感じる今だよ。

 

感謝と祝福

 

 

ボールを持って何歩歩いていいことにしようかな・・・

でも時間制限はなくそう

またパスする日が来てもいいと思っている。

でも今は我慢してでも手元に置いておくべきだ。

このボールを取りに、誰か来てくれるといいな

 

未来を描く時、全然違う人間になっていたらなって思ってきた。

でも多分、そんなに変わらない。

それほどに抱きしめているものがあるから。諦めを無意識にした痛みがあるから。

心地いい場所にしかいないのかもしれないっていう不安に

負けないようにしたい。

だって私は私のままでどこにいくのか、そういう遠い旅をしているのだから。

ならば、

「すごい」と「すごい」を比べないで両方「ある」ってしようよ。

どちらも尊いんだ。

 

 

また前日にビラ詰めしたいな

しなくてもいいな

こうして未来に「期待」ではなく「余白」を持たせられるようになった

 

 

祝福と感謝

 

あけましておめでとう

ありがとう