読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温度感のある景色

自分のために書きます。

バーバリーでベースメイクするのに12000円が必要だ

 

そういうこと。

 

バーバリーなんて働き始めてから使うくらいでいいのに。

それくらいしか今背伸びできることがないんだよね。

エネルギーを注ぐ場所がないこともしかりだけど、そもそも具体的なハードルがなかったり、具体的な競争相手がいないと、

自分を責める他なくなるから案外健康に悪そうだ。

 

 

昨日からバットはいってる

 

 

 

母親になるときに「怖い」と思わないといいな。

今のうちに死ぬほど苦しんでおこう

でもいつか解決するなんて、口では言いつつ、無理だと思っている。

30代40代の人が平気で「親との関係」についてお悩み相談する。

”平気で”というかその人の根本の歪みに親との関係があることが多い。

自分もそうにちがいない。

でも、

でも、

私は私のやり方を私が正当化することしかできないと思っている。

親に承認させるとか、分かってもらう(これは理解とは違う)なんて、

無理だと思っている。

というか、そんな辛いことあの人にさせられない。

その辛さは私の辛さであり、私が彼女の無意識のうちに背負わされてきたものであり、それ以上の、彼女の清算しきれない辛さだ。

夢、というのかはわからないけど、欲望?渇望?が満たされず人生が終わるところを私はこの目で見るだろう。

もっともっと と言い続けるだろう彼女は。

ああ涙が出てくる

私は私の分だけしか人生を生きられない

母親の苦しみまで背負うつもりはない。

これくらいどこかに書いたりしておかないと、油断していると、全部叶えてあげなくちゃ、応えなくっちゃって思うから。

誰から見ても立派なお嬢様を一人で育てた

という彼女の自信を育むための、私の人生ではないから。

私にはもっとやりたいことやれることがあるんだ。

 

でも、

ちゃんと誰から見てもわかる基準でも高い成績を納めるために、

そのために私は「経済」を「社会」を手放せない。

どこの馬の骨だかわかんないような人とは結ばれない。

私の人生だけど、私だけの人生じゃないから。彼女の子供としての人生でも我が家計の人間としての人生でもないけれど。私だけの人生ではないから。

 

 

中学に入ったときに誤解したんだ私は。

ああ私の自由で全て決められるんだ!って。

違うからな。

自由にした分だけ責任を、今の時代に合わないとか関係なく、果たさねばならない。

 

外でどれだけ、自分の自由さを語っても、

私には私の事情があって。それを全員にいうことなんて大人のやり方じゃなくて。

でも私は大人になれなくて、、、

 

一生懸命なのは当たり前、その上で必死に生きてるこの家の人たち

ありのままが一生懸命なんて、

認められない。

だから、どこかで帳尻合わせなきゃっていつも思ってる。

そしてそれはいつかできるだろうって思ってる。

甘い。

 

 

あ、私結婚したら、子供はうちの家の人じゃないのか

そうか

そうだよな

 

血縁ってなんだよ

職住分離したい