温度感のある景色

自分のために書きます。

就活解禁したってよ 

久しぶりに、人に読まれることを意識して書いたから、ネットの海にも落としておきますね。

いつもスターをつけてくださる方に届くかなーと。

note.mu

 

これから1ヶ月死ぬほど?エントリーシート書かなきゃいけなくて、結構しんどいな?
企業管理をスプレッドシートにまとめて、それはいいんだけど、締め切り管理全z年できんくて、それもアプリにするか適当なスケジュール帳作るか、悩むな。

なんかダダダダダって就活終わるんだろうな。ていうかいつもの私のまま生きてたら全ての締め切りを破って、一つも内定なく終わるだろうなwww 

ちょっといつもと違う自分になって、頑張りましょう〜

 

 

ちなみに先週末から喉が痛かったのですが、ついに鼻にきて、昨日今日は鼻をかむことしかしてません。二日連続家から出ないの久しぶりです。はい。ちゃんと生きていかないと就活も捗らないだろうね。 

 

1月も半分過ぎた

卒論提出を諦めたら単位全て落としそうになってて課題を先延ばしにしていたらES提出にメンタルが間に合わない事態になってる。

この前の三連休なにもやらなかった。本当になにも。家にいた。笑

 

 

就活ってメンタルと行動の足並みを揃えるのくそ難しいなってもう何年も前から気づいていましたが、本当にそれにやられている感がある。ゆうて私のメンタルの様子伺ってたら何にも出来ないから足だけとにかく動かしてみたりもするのですが、結局言葉がついてこないのよな。

 

小さい頃からずっと憧れていた職業にまっすぐなることの難しさを感じてる。友達が何人も本当に難しい、倍率の高い職業についていて、つくことになって、本当にすごいなと。

なにがなんでも欲しいもの」って私にはあるのだろうか。

 

成功する可能性がいくらか高いものしか取り組みたくないんだなと思った。

思えば中学受験だって有名な難関校にイマイチ魅力を感じなかったのは自分が受かりそうになかったからなのかなみたいな。「私らしくない」って要するに私がなれそうな見込みがないってことなのかな、とか。

 

でも私がそれっぽかった 時ってあったはずなんだよね

なのにそこに対する努力をしてこなった。そう認識して悔しくなるこの瞬間も努力をしていないこと。

 

ふと今、1日1日が良くなるようになるといいなって久しぶりに感じた。初めて感じたことではないと思う。すぐ忘れる類のアレだ。

三連休のように、1日を生きた実感のない日を重ねると、何かできたことは尊くなるけどでもその一つ一つを積み重ねることを忘れるなと思った。ほぼ日5年手帳またつけるようにしよう。

 

できなかった理由を立てることは簡単だけどね。

でも、  の先が続かなかったわ。

 

———————————

 

 

文体変えよ

三月にグアム行くから水着買ったから痩せねばと思って、久しぶりに身体を気にしようと思っている。「ていねいな生活」じゃ。

でも私一度も痩せたことないんだよね人生において。体型が変わらない。全身タイツきることになった演目でもなんら変わらなかった。だって痩せようとしたら普通に体調悪くなるし笑 結局たくさん食べて甘いのも食べるんじゃ!むしろこれがベスト体型な説ある。変わらないし。

なんの話しよる笑

 

「選考結果をお送りしましたのでマイページからご確認ください」のメール一通だけきてる時は全部落ちてて、受かった時は通過連絡と次の選考予約のメール2通くる。っていうのが私の定石だったのですが

今日崩された。ちゃんとマイページみてよかったわ笑

インターンって2月までじゃん!って気づいて結果びっくりしてる。2daysのやつとか3days2つくらいは出たいぞ?今から間に合うやつあるのかなないかな  はぁぁぁ(ため息)

明日焼肉行くことになった!焼肉ずっと行きたかった!唯一一人で行けないやつ!一人じゃ食べれないもん。今日はお腹痛くて焼肉の気分でないけど明日は焼肉の気分にしよう。調整してこう。

 

こんなところで。

ねれねーーーーーーー

 

人ぞれぞれの回避術

「慰めること」に助けられてきたなと思うのです。

自分の悲しみよりも大きな悲しみを目にすると、自分の悲しみはどうでもよくなり目の前の大きな穴、冷たくなり固まりそうになっているそれに、なんとか温度を捧げないかと。なんとか抱きしめてあげられないかと思うのです。

そうしているうちに、自分からやっと目をそらすことができて、生きていける。

 

自分が一番自意識を拗らせ”メンヘラ”だった時、ツイッターにいた女の子。

3,11の時泣き叫んでくれた友達。

最近好きになって好きでい続けてる人たち。

彼女ら、彼ら、がいたから私はなんとか人の形を保っているのかもしれないとすら。

自分は何もできないのに「大丈夫大丈夫」「あったかいもの飲んであったかくして寝てね」なんて。その言葉を選べる自分に酔っている。

そしていつでもこちらを向いてほしいと思っている自分もどこかにはいる。私だって我慢している、を矜持として。

 

これは一人っ子の世界観なんじゃないかなんて思ったりする。

自分の感情が絶対だった世界が長くて、大人になることは平気なようにすることなんだと勘違いして育ってきたから。

これが兄弟がいたら「あなたも辛い、私だって辛い」となるのでしょうけど。

 

だから私の世界に誰か他の人がいることが、それだけで助けになるよ と言いたい。

みんな私に世界を見せてくれ。あなたのいるそこはどんななの?苦しくたって教えてほしい。それが私のためだから。

それくらい私は自分勝手だし自分ばっかり大事な人間です。

でも一人だけでは意味がない。何にも。

 

 

入れ子になった毎日が

日常に物語があってほしかった。

目の前に起きていることをナレーションして、架空の登場人物を動かして、起きているんだけど夢を操作するように、現実とは違う物語をいくつも生成してきた。

だから、高校の始業時間を守らずに空いた電車に座って本を読むのは良かったし、スターバックスに行って明日までの課題をやるのだって良かった。

どれも私の日常っぽくなかったから良かった。

私は学校生活概ね楽しかったし、大きくいじめられたことも無くて、クラスである程度発言するキャラを持って、成人式も楽しかった。

それだから良かった。

 

日々くるラインの通知のほとんどが公式アカウントで、ニッセンをブロックしないのは「しろたさんなの〜」で始まるのに癒されるから。

一週間誰とも話さないのはざらで、でもストーリーを見てるからみんなが何してるかはわかる。時々羨ましくていいねばかり押す。

そんな生活において、大学を休むことも、マックブックをスタバで広げることも、インスタで調べたお店に行き、ツイキャスで見知らぬ人の雑談を聞くことも、

日常になってしまった。

なんで私は「大学生」をやっていないのか。

「大学生」をやりながらにして「こちら側」に来るべきだったのに。

次なる物語はこの日常をフォトジェニックに「生活」っぽくみせなければならない。

この汚い自室を「生活」っぽく?一時間半の通学時間をフォトジェニックに?

無理がある。無理があるよ。

 

私あの高校生活でどんなに望んでも倒れられなかったんだから、二日間何も課せられず眠ることができれば元気になれる。でも元気に起きた朝に、やることがないんだな。私のため以外にやることがないんだ。

そうするとね、人間ってだめになるんだと。

自分を守るためにとってきたいくつかの行動が、人と関わることから自分を遠ざけて、自分自身の喜びがどこにも無くなった。

 

昨日と今日と夢でなんか説教されたり説教したりした。

見知らぬ偉い人がそれっぽい正しいっぽいことを言っていた。

この思想は私のどこにいたんだろう?と思って目を開けたらなんて言われたか忘れた。

好きな人の存在感だけが隣にあってでもどこにも逃げないからどうにも転べない関係だねって。

なんで起きて幻影にありがとうと心を委ねないといけないのか。

 

 

物語はね、現実と並行しているからいいんだ。現実がありつつ物語があるからいいの。

物語みたいな現実は私の分野ではない。ツイッターはインターネットなんだよ(?)

現実が一番にあるから、生きていながら嗜好しているから、いいんだ。だから文学少女なんでしょ?

喋り方が緑ちゃんみたいになってはいけないのよ。

まったく。

 

12月に運気が上がるって占い師に言われた

ああ今メンタルだめなんだなーお疲れなんだなーそうだよねー慢性的なストレス要因ばっかりだもんねー 

と自分に声をかける

環境は整っていて機会も得ているのにここより先に行けない自分はなんなんだろう

と声が言う

どうしたらその先へ、行けるのだろうか

そんなこと考えている時点で思考のフレームが間違ってるんだよ

 

否定に次ぐ否定

否定してしまっていることに対する怒り

ぐちゃぐちゃしてる悔しさ

だめだだめだ

安いイヤホンを買ったらBluetoothが繋がらない

ツイートに反応する自分

反応反応反応

 

こんなことで負けてたまるか

「負ける」という概念があること、、

こんなフェーズじゃだめなんだ

もっと広く大きく捉えたい

泳げる遊べる自分になりたい

 

なれない自分、不完全な自分

それのまま生きていくことを受け入れ「なくちゃ」と思ってしまう

いつまでこの段階なの?逃げて逃げているから?どーせ母との関係をやり直せとかいわれるんだよ

そういう度、今の自分がだめだと言われているようで

 

中学生からずっと同じフレームの中にいる。

少しずつ抜け出せる時と、足を引っ張られる時がある。

「ふつう」にやれてる人はどうしてるんだろう

愛が足りない?

そんな風にいうなよ大事な家族なのに!!!

 

こういう自分をちゃんと愛してあげたいし

でも時々めんどくさいうざい死んでほしい

生きていくって全然簡単じゃない

お金を稼ぐことはいったんすみにおいているわたし

えーーー無理だよーーー霞む視界

 

学問って一つの世界の見方、フレームだと思うの

それを獲得できなかった自分への悔しさ

持たざる物を妬んでそれが欲しくって就職しようとしてる

そこでも得られなかったら?

ずっと不満足な人生?

 

 

物語が進展しない

堂々巡りだ

次の章へ行こうよ森へ行こうよ

 

オセロも何もゲーム全てが苦手だ

頭いいことは頭いい人が考えればいい

本当に頭がいい人っているもので、同じ日本語を話しているんだけど全然ぜんぜん話し方が違う。少なくとも言葉選びの精度が高い、というか語彙が多いというべきか、、、。

 


だから最先端の研究をするひとは少ないだろうけど既にいて、

沢山のお金を運用する人もいる。

その人たちがいつ、どのタイミングで、その方向へ舵を切ったのかは知らないんだけど、不思議とそういうものらしい

 


でも、だからといって、ぜーんぶお任せというのはどうだろうか?

何年に一度の選挙に一票投じるだけで政治参加と言えるのだろうか?

 


全く興味がない人もいるよね、世の中について。

政治や海外の動きやテクノロジーの進化はその人にとっての世の中じゃないんだろう

でも知らない間に書類が増えたり、手当が来ることもあれば給料が減っていたり。

 


社会を動かす人だけがえらいの?

というか、誰が社会を動かしているの?

 


上手い生存戦略は広く共有されている

偏差値の高い名の知れた大学に行くといいよ

大企業に所属していればお金を貸してもらえるよ

 


でもそれがなんでなのか分からないで選択することほど悔しいことはなくないか?

というのが私の主張で思想で。

 


生まれつき華がある子を羨ましく見てきてそう思うようになったのかなぁ

派手なグループほど仲間はずれも多くてそれを見ていたからかなぁ

 


なんか、拙くてもよくて

間違っていてもよくて

それでも私の生きている今として、私以外のものについて、私以外の人について、めくるめく感情について

思いを馳せつづける人生にしたい。

 


それをどうしたら実現できるだろうか

 

 

 

 


つくる人もごまんといる

 


個の時代の次に来るのはきっと対話できる間を取りなす人で、

でもじゃあなんのメガネがあればその場所を探せるか、

ポジションとってニッチな人材になれるのか

言語化の練習の気分

誰を正しいと思うかはあなたの自由ですが、その正しさの根拠は理解しておくべきではないですか?

 

 

16,17の時に自分の範囲がどこまであったかが、その後の人生に大きく影響するのかもしれないなとふと思う。

サバイバル番組からデビューした可愛い少女たちと、かつて私の親友であり今は一生付き合っていくであろう友達を見ていて。

 

誰かが頑張らないとつなぎとめられないものがあり、その結果全員が奇跡に感謝し、誰かの頑張りには気づかないみたいな。集団の残酷さ。

 

事業を大きくすることによって得られる社会的信用。業界ナンバーワンを掲げることによる社内の団結。顧客満足度によって測られる社会貢献度。

 

多分私はこの社会がある程度幸せで満たされていることを知っていて、それよりもっと幸福になることよりも、この幸せに気づくことの方が重要なのではないかと考えている。社会課題を解決することは誰かがやってくれて、その逆にある役割としての余暇。

自分の感情に気づく時間。

 

夢の中で誰かに説教していた。誰もが思う幸福などないのだと。あなたはあなたによってしか幸せを感じられることはないと。

 

年収5000万を公言する人と初めて話した。本当に幸せなのかな?と疑問に思った。むしろ哀れんだ視線を隠せていなかったかもしれない。

数字を指針にすることは簡単だと思う。そして今の私にはそれはできない。もしかしたらそうなる未来もあるかもしれないけれど今は違う。

だって、あなたはその先に何を求めていくのか。もう求めるものがみつからないのではないですか。

 

社会見学のようで面白いけれど、何の疑いもなく声を張り続け笑みを貼り付けている人たちを前に、私も同じように笑みを貼り付けることを忘れないようにしなければと。それが多分”誠意”なのだから。

 

とはいえどの人も、就活生のしあわせな就活を望んでくれていて、ほら悪くない社会じゃないかと思う。

でも、そう思っている人がこんなにいるのに、仕組みが変わらないのは、この仕組みの中で自分の取り分を守ることに必死だから。

 

私むしろ世の中が5つくらいの会社だけになれば良いとさえ思うよ?

幸せのために働くのなら、それって可能なんじゃないの?

でもその幸せに金銭が動き続ける限り、それは無理で。

私はまだお金の大切さが分かってない。

 

生きている内に世の中はどう変わるだろう。

小銭って残っているだろうか。

男女別学は残るだろうか。

人々はどこから情報を得るようになるのだろう。

私たちの視力は聴力は身体はどうなっているだろうか。

民主主義はどうなっていくのだろうか。

 

予想できることと、できないこと。

関われる範囲と、そうでないこと。

人の幸せを願うことがすなわちお金を動かすこと。

 

 

何となく言葉を打ち込んでいくと気づく「最近お金について気になっているんだなー」「就活して見えてくる社会についてもっとアウトプットしたいなんだなー」

 

マイペースを保つために、自己決定の機会は増える。

自己決定と他の速度とのバランス。やらなければならないこと、体裁を整えること。

目的とは違うけれど落としてはいけない幾つかの指標について。

苦しくなってくるのが見える年末。

 

多面の中の一側面を膨張させる快感を覚えたい。

あと来年は恩返し、恩送りの年になるんだろうな。