読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温度感のある景色

自分のために書きます。

夢を叶えなければならない私たち

今年もおしまい。
23日にはたちになりました!いい響き。はたち!
ここまでの日々は畑を耕すような日々だったのだろうなと思っています。
少しずつ蒔いてきた種やこれから買う球根を植えて、芽を出し花を咲かせるのがこれからの10年だと思っています。
 
そもそもの畑の位置や大きさは、もう決められているようにしか思えないのです。決まってしまっていたのです。
その畑の性質や気候やなんとかに、愚痴をこぼし、嘆いていたような1年でもありました。
「立派な畑」というものが欲しければ今のこの地は満足できるものではありません。引っ越した方がいいかもしれない。
でもこれが私なのです。この乾きやすい土や安定しない日当たりは、これから変えられるものではなく、私の当たり前そのものなのです。
 
「あなた」と私が同じ人間で、でも全く違うということにいつ気がついたのかはわかりませんが、その気づきから得られた重力が私を立たせています。
夢の叶え方を知ってしまった私たちは、
そのままその工程を追っていくだけで、(簡単にとは言いませんが)夢を叶えられるのでしょう。
その達成感はきっと自分を幸せにするでしょう。
でも、どうしてもわたしには、それではだめな気がしてしまうのです。
その、何がどうだめであろうと、何がどうあろうと
20代という若さは、外向きに使わなければならないだろう。私はそう思っています。
だから何がどうだめなのか、あなたと、みんなと、考えてもらえる時間は少ないです。
その先は、
社会のため が何を指すのかはわからないけれど、
社会的に、自分ではない人と自分ではないことのために、自分の手には収まらないところ目指して、自分に出来ることをして行くのだと思います。
その先で花を咲かせる過程が、畑の一番美しい時期を教えてくれるだろうと思います。
そういった、こういった、一人でいるときに浮かんでいるあれこれを、もう少し、私の外側に出すことができたなら世界がまた違って見えるはず。
枠組みに充填するやり方ではなく、たとえ形になっていなくとも、外側に出す努力を意識的にしていくこれからの1年にしたいです。