読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温度感のある景色

自分のために書きます。

バーガンディのリップが似合う人

毎晩化粧水と乳液と美容液。クリームで全身をマッサージ。

週に2度、ボディスクラブ。

フレッシュフェイスマスクも週に2回。

2週目の土曜日は早く帰ってきて半身浴。

4週目の日曜日の午前は岩盤浴

月に一度ネイルサロン120分。脱毛サロンも同じ日に。

2ヶ月に1度カラーとトリートメント。

 

毎日のように送られてくるDMやinstagramをチェックして、

月に1度は一人で買い物。

クラブイベントのお誘いをスケジュールに入れて、DJをチェック。

女子会の予定を立てて、お店を予約して、

デートの前日にサロンの予約を入れなくちゃ。

 

作り置きのおかずは、野菜中心のヘルシーメニュー

外食続きにならないように、下ごしらえだけした具材を冷凍。

 

 

誰のための身体で、

誰のための私であったのか。

自分を満たすことへの義務感。

もう贅沢かどうかなんてわからない。

ただ、胸を張って歩くための、

ルーティーン。

 

原宿や表参道が楽しくて仕方なかった中学生。

銀座はまだ早いと思っていた大学生。

 

もてなすこと、もてなされること。

使う人、使われる人。

 

一度味わえば、もう戻れない。

そんな一食のために日々努力するのよ。

 

温もりって、愛って、涙が流れるような夜ってなんだっけ